診療機器

CT装置

CT当院で使用しているCT装置は、被ばく線量が少ない点が特徴で、一般CTでの頭部撮影に比較すると、被ばく線量は1/7程度です。下図にも示していますが、ニューヨーク往復の飛行機で被ばくする線量とほぼ同程度です。

CT

睡眠評価装置

psg
 睡眠中に記録される生体信号を記録し、睡眠時無呼吸の評価、診断に用いる装置です。
睡眠中の鼻および口腔の気流、酸素飽和度、気道音、マスク圧、脈拍数、体位、体動、胸壁の動きを記録します。
 睡眠障害が強い方にはCPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」が必要となりますが、軽症の方にはナステントという鼻に挿入するシリコーン製の柔らかいチューブ状の医療デバイスを紹介しています。これを鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで挿入することで、空気の通り道を確保し、いびきを改善します。

電子ファイバースコープ

電子ファイバースコープ咽頭・喉頭・口腔・鼻腔・鼓膜などの画像を記録しコンピューターに保存します。
経過観察、以前との比較が可能です。

硬性鏡

硬性鏡鼓膜その他の画像を記録し、パソコンに保存します。

眼振観察・記録用赤外線カメラ

眼振観察・記録用赤外線カメラめまい(眼振)の映像を記録、保存します。
下の記録は診察中に起こった私のめまいです。


96da当院では、赤外線カメラにジャイロセンサーを取り付けて、眼振だけでなく頭位も記録できるシステムを製作、使用しています。これを幾つかの学会で報告してきましたが、2016年のBarany学会での報告のとき、医療機器メーカーから製品化したいとの申し出がありました。これが完成し、2017年11月29日の日本めまい平衡神経学会開催に合わせて発売となりました。
製品名にはジャイロフレンツェルG96DAと当医院、黒田医院の名前(96DA)が使われています。

聴力検査装置

聴力検査装置自動純音聴力検査、語音検査装置。

耳音響反射検査装置

耳音響反射検査装置一般的な聴力検査の出来ない、新生児、幼児の聴力を見ることが出来ます。

補聴器特性検査装置、補聴効果検査装置

補聴器特性検査装置、補聴効果検査装置補聴器の動作状態を検査し、補聴器の効果を確認するための聴力検査装置です。

鼓膜切開レーザー装置(オトラム)

鼓膜切開レーザー装置(オトラム)コンピューター制御による精密な超高速のレーザー照射が可能で、瞬時に正確な大きさ、位置の鼓膜切開ができます。出血もほとんどありません。 また、テルダーミスというコラーゲン膜を利用した鼓膜閉鎖術に利用します。

炭酸ガスレーザー装置

炭酸ガスレーザー装置花粉症、アレルギー性鼻炎などでお悩みの方の鼻粘膜を処置し、症状を抑えます。

セロン焼却凝固装置

セロン焼却凝固装置炭酸ガスレーザーより治療効果持続が長いとされる治療機器です。

アルゴンプラズマ凝固装置

アルゴンプラズマ凝固装置炭酸ガスレーザーと同等の効果が得られ、短時間で行える治療機器です。

エコー検査装置

エコー検査装置甲状腺、耳下腺などの検査に利用します。

Copyright(c) 2013 くろだ耳鼻咽喉科医院 All Rights Reserved.