USB赤外線カメラとモーションセンサーで眼振頭位記録装置

  • HOME »
  • USB赤外線カメラとモーションセンサーで眼振頭位記録装置


自作基板、arduino_pro_mini、MPU6050、USBカメラ、赤外線LEDをケースに収めて、USBケーブル1本でパソコンに繋げられる記録装置を作りました。

使用した部品

1)CMOS-USBモノクロカメラ:株式会社ガゾーGZ4304

2)赤外線LED

LEDを2個載せる基盤を作り、GZ4304と繋ぎ、GZ4304で露光・シャッタースピードを制御しています。

3)Arduino-pro-mini



モーションセンサーのデータをこれでとりこみます。

4)6軸モーションセンサーMPU6050

5)自作基板


USBコントローラーICとRS232コントローラーICを載せる基盤を作りました。この基板に、arduino-pro-miniとMPU6050を載せ、USBカメラを繋ぎます。

6)USBケーブル

これが、もっとも使い勝手に影響する部品かもしれません。極細と謳ってあるものは結構硬かったりします。細くて柔軟性があるものを探し当てたと思っても、シールドが甘くて?ケーブルとして機能しなかったりします。最近買ったのは、サンワサプライ KU-SLAMB525BK 極細ミニUSBケーブル2.5m、残念ながらちょっと固めです。

完成写真


自作基板にArduino-pro-mini、MPU6050を載せて、USBカメラGZ4304と繋いでいます。さらに、自作基板に載せた赤外線LEDをGZ4304と繋ぎ、3Dプリンターで作ったケースに詰め込んだものです。
このケースを、やはり3Dプリンターで作ったゴーグルに取り付けると下のようになります。顔に接する部分のシリコンはダイソーの水泳ゴーグルのものを使っています。ゴムバンドもダイソーの製品です。
カメラケースとゴーグルとあわせても55g(USBケーブルは除く)と軽量です。これをノートパソコンと繋げば、CapNYS2.exeを使って、携帯性に優れた眼振頭位記録システムが出来上がります。

下記にゴーグルとカメラケーズの3Dデータを示しています。左右の眼鏡を接続する柄には1mm径の孔を開けていますが、ここに1㎜径のステンレスバネ線を入れて補強しています。ダウンロード

このシステムで記録した良性発作性めまいの映像です。

PAGETOP
Copyright © くろだ耳鼻咽喉科医院フリーソフト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.