1)Windows用2)iPhone用 を作成しています。

1) 眼振頭位キャプチャーソフト(CapNYS2.exe)/for Win10

CapNYS2/ Version4.6:2020年12月5日 (25MB)ダウンロードVectorにはまだ登録されていません。

CapNYS2/ Version4.6:2020/12/05 English version(25MB)download

CapNYS2/ Version4.6:2020年12月05日 IPカメラ対応専用版(60MB)ダウンロード

ソフトの概要

赤外線眼振カメラの映像に、頭位情報を頭位アニメーションとして合成するソフトです。
医療機器メーカの赤外線眼振カメラ装置をデジ造などでパソコンと繋げば、このソフトを使って眼振映像と頭位を同時に記録できます。
頭位はキーボード、マウスなどで入力出来ます。モーションセンサー装置を自作すれば、自動で入力出来ます。iPhone(iPod_touch)にGyrOSCアプリをインストールすれば、iPhone(iPod_touch)のモーションセンサーも使えます。

「コンピュータに msvcp140.dll/msvcr140.dll が無い」と言われて、CapNYS2が起動できないときは、
マイクロソフトのサイトから「Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロード、インストールして下さい。

頭位入力方法その1:マウス、テンキー、テンキーボード


上はマニュアルモード検査時の画面です。マウス、タッチスクリーンでは上に示した9個のいずれかの枠をクリック、タッチすることで頭位を入力できます。
テンキー、テンキーボードでも頭位を入力出来ます。9通りの頭位に限定されますが、数字を押すだけで頭位が入力できます。テンキーが無ければキーボードの789uiojklキーで入力できます。


お面を被った本人がテンキーを押しています。左上隅に頭位アニメーションが写し込まれます。

頭位入力方法その2:モーションセンサー装置

センサー装置を赤外線カメラに取り付ければ自動的に頭位データを取り込めます。


MPU6050 というモーションセンサーと arduino pro micro というマイコンを電線でつないで、このマイコンにプログラムを書き込みます。arduino_pro_microとMPU-6050の両方合わせて1000円程度で買えます。

頭位入力方法その3:iPhoneのモーションセンサー

iPhone(iPod_touch)にGyrOSCをインストールすれば、iPhone(iPod_touch)のジャイロ(モーションセンサー)がつかえます。

2) 眼振頭位キャプチャーソフト(iCapNYS)/ for iPhone

iCapNYS/ Version1.0:2020年11月4日

Windows版のCapNYS2.exeをiPhoneに移植したものです。iPhoneのモーションセンサー値(頭位情報)から頭の動きのアニメーションを作り、眼球運動動画に合成します。iCapNYSアルバムを作って、その中に録画保存します。動画の管理はiPhoneの写真アプリで行ってください。
iPhoneでご覧なら、下のQRコードをクリックするとダウンロードサイトに飛べます。 パソコンでご覧なら、下のQRコードをiPhoneのカメラで見れば、飛べます。
iPhoneを眼前に固定するゴーグルが必要です。ゴーグルに関してはvHIT for iPhoneのページをご覧ください。
下は、ゴーグルを付けて立って下を向いたり上を向いたり、ぐるっと動き回った時の記録動画です。